トップ > 焼酎 > 原料で選ぶ > 泡盛

泡盛

全5件

  • 【泡盛】春雨古酒5年物720ml 43度(沖縄・宮里酒造)

    【泡盛】春雨古酒5年物720ml 43度(沖縄・宮里酒造)

    6,050円(税抜5,500円)

    • 宮里酒造
    • 沖縄県
    • 10_7332

    アルコール度 43度 原材料 米こうじ 内容量 720ml 在庫状況・備考 古酒5年物 蔵元 宮里酒造 ブログでもご紹介中 沖縄国際海洋博&沖縄サミットの献上酒 沖縄国際海洋博(昭和50年)の際に、天皇陛下(当時皇太子)に 献上された唯一の泡盛蔵です...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【泡盛】春雨 沖縄復帰50周年5月15日記念日詰43度720ml(沖縄・宮里酒造)

    【泡盛】春雨 沖縄復帰50周年5月15日記念日詰43度720ml(沖縄・宮里酒造)

    5,500円(税抜5,000円)

    • 宮里酒造
    • 沖縄県
    • 10_7332

    沖縄県が本土に復帰したのは、1972年5月15日。 2022年は、アメリカから施政権が返還されて50年の節目に あたります。 歴史的節目の年を記念するとともに、これまでの沖縄県の 歩みに想いを寄せながら、恒久平和の願いを込めました。 兼ねてから、この日の為に醸造蒸...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【泡盛】春雨ラメ 720ml 43度(沖縄・宮里酒造)

    【泡盛】春雨ラメ 720ml 43度(沖縄・宮里酒造)

    4,546円(税抜4,133円)

    • 宮里酒造
    • 沖縄県
    • 10_4172

    泡盛鑑評会 金賞受賞 泡盛。泡盛鑑評会で、古酒(クース)以外でなんと 金賞受賞(同じひね麹造り別タンク物)。 蔵元の宮里徹氏は大変研究熱心な方で、ひね麹造り、蒸留方法など 膨大な過去の作品(春雨)の集大成として造り上げたのが このラメ。 普通の泡盛の...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【泡盛】春雨カリー1.8L 30度(沖縄・宮里酒造)

    【泡盛】春雨カリー1.8L 30度(沖縄・宮里酒造)

    2,475円(税抜2,250円)

    • 宮里酒造
    • 沖縄県
    • 10_1170

    泡盛。常圧蒸留で味わい豊かに、ストレートな味わい。 30度2-3年もの 旨みはありますが、ストレートなのど越し。 水割りで、グビグビいくには最高です。 アルコール度 30度 原材料 米こうじ 内容量 1.8L 在庫状況・備考 ご案内中 蔵元 宮里酒造 ブロ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【泡盛】春雨カリー720ml 30度(沖縄・宮里酒造)

    【泡盛】春雨カリー720ml 30度(沖縄・宮里酒造)

    1,430円(税抜1,300円)

    • 宮里酒造
    • 沖縄県
    • 10_1164

    泡盛。常圧蒸留で味わい豊かに、ストレートな味わい。 30度2-3年もの 旨みはありますが、ストレートなのど越し。 水割りで、グビグビいくには最高です。 アルコール度 30度 原材料 米こうじ 内容量 720ml 在庫状況・備考 ご案内中 蔵元 宮里酒造 ブ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト



ワタナベ酒店お勧め




        さつま寿
 
鹿児島県川辺町の手造り蔵、尾込商店。その蔵のレギュラー芋焼酎
南薩摩の良質なさつま芋コガネセンガンを原料に”清水の湧水”を使って
小さな蔵で丁寧に仕込んでおられます。さつま寿は芋のあじわいが濃く、
柔らかでかつ限りない膨らみを感じさせる。



        神座(かみくら)
 
尾込宜希さんが明かすネーミングの秘密

神座(かみくら)はさつま寿の黒麹の物。かみくらとは、いにしえの言葉で
「神(かみ)が宿る場所(座=くら)」で、桜(さくら)の事。

桜=さー(神様)が宿る くら(座)=さーくら で 桜=神座=神様が宿る場所 との事
という事で、さつま寿のシングルタンク「桜」も「神座」もそして
「さつま寿」も実におめでたい酒名です。
偶然にも当店お客様吉田様より、いにしえの古代語を教えていただきました。
ちなみに酒も、サー+ケ に分けると、
サー=神
ケ=例えば「あさげ」とか言いますが、ケ=食事の事で、
酒(さーけ)=神様の食事との意味と教えていただきました。
尾込さんと店主



        晴耕雨読
 
南薩摩の土壌でしかできない芋のうまみと、厳選された上質の天然水。
造る人たちの「情熱と思い」の三つが重なって、晴耕雨読は誕生しました。
やわらかな飲み口は定番酒として最適。それなのに水割り、お湯割りで、薄く割っても
味わいが崩れないのは、いい造りをされておられるからだと感じます。
佐多宗二商店のベーシック商品です。
晴耕雨読



        焼きいも黒瀬
 
2代目弓場裕杜氏
 2代目弓場裕杜氏↑と黒瀬杜氏伝承蔵の蔵人の皆様

いろいろな蔵から焼き芋焼酎が出ていますが、鹿児島酒造の焼き芋焼酎こそが元祖です。
蔵で手間暇を惜しまず造り上げた焼き芋焼酎の柔らかで味わい深い芋の味わいを
お楽しみください。
>>>こちらから
焼き芋黒瀬

ページトップへ